PanelLoopとExtractで厚みをつけてみよう[Zbrush]

1 12 2014

.

.

.

.

Zbrushでの厚み付けについてちょくちょく聞かれることがありまして
先日も潤君からもっと簡単に厚みをつける方法はないか?と問われ、
[PanelLoop]とか[Extract]とかどうなんだろ~ね~
とか話してたわけですが

.

.

.

どっちもなんか元の形状が崩れちゃう(膨らませちゃう)のがなぁ~
とか思ってたんですが

.

.
いや

.

.

もしかしたらできるかもしれない・・・(`・ω・´;)

.

.

.

.

.

.

【Extractで厚みをつけてみよう】

.

.

まず

.

[Extract]はそのままやると面の表と裏に厚みが付く

(Tool→Geometory→Extract)

.

スクリーンショット 2014-12-01 19.00.38

.

.
それは[Double]を切ればいい

スクリーンショット 2014-12-01 19.01.26

.
しかしそれでも面が膨らんだ形状になってしまう

.

.
なら. 厚みの数値を0にすれば元の形だ→けど意味がない・・・?

スクリーンショット 2014-12-01 19.01.55

.

.

.

.
いや、0からマイナスにも動かせるぞ(`・ω・´)!

.

スクリーンショット 2014-12-01 19.02.44

.

.
→裏面に厚みをつけられるのか!?

→メタセコの「厚みをつける」と一緒だ

→これを求めてた( ^ω^ )

.

.

.

Extractのボタンは仮に出してみるみたいなモノなので

[Accept]を押して実体化させます

スクリーンショット 2014-12-01 19.03.10

.

.

そうすると元のパーツの下に厚みのついたパーツが現れてます

スクリーンショット 2014-12-01 19.03.23

.

.

.

けれどちょっとプリーツのポリゴンの交差してるあたりが

ちょっとはみ出ちゃったりしてるな・・・(;´∀`)

スクリーンショット 2014-12-01 19.05.51

.

.

.

ならば[Accept]を押す前にスムースをかけてみよう

スクリーンショット 2014-12-01 19.07.19

.

.

.

でも全体にスムースかかっちゃうから

元の形状からちょっと変わってしまう・・・(´・ω・`)

.

スクリーンショット 2014-12-01 19.07.36

スクリーンショット 2014-12-01 19.07.49

.

.

.

ならばオモテだけ[ProjectAll]で元の形状を復元すればいいのでは(`・ω・´)?

.

.

というわけで

Extractされたのはポリグループ分けされてるので

SelectLassoで表の面のポリグループだけ表示

.

スクリーンショット 2014-12-01 19.08.33

.

.

.

元の板ポリゴンも表示させて

スクリーンショット 2014-12-01 19.09.20

.

.

[ProjectAll]で元の形状を投影させて復活

スクリーンショット 2014-12-01 19.09.34

.

.

これで表面が元の形状で裏に軽くスムースがかかって

裏に自己交差のないスカートが出来ました( ^ω^ )

スクリーンショット 2014-12-01 19.10.13

.

.

.

.

.

.

.

.

それじゃあこの流れで

[PanelLoop]でも同じようなことが出来そうだぞ(`・ω・´;)?

.

.

.

.

.

.

.

【PanelLoopで厚みをつけてみよう】

.

.

.

試しにそのまま[PanelLoop]ボタンを押してみる

(Tool→Geometory→PanelLoop)

スクリーンショット 2014-12-01 19.12.27

.

.

案の定、裏とオモテに膨らんでスムースもかかってる

.

.

さっきの要領で裏だけに厚みをつけられるか?

でも[PanelLoop][Thickness](厚み)のスライダーにはマイナスがない(´・ω・`)・・・

.

.

なら厚みの数値を0にして
オモテとウラの間に貼る厚み分のポリゴンのループの数(Loops)を1にして

[Polish]の数値も0にして
[PanelLoop]をすると

スクリーンショット 2014-12-01 19.22.14

.

.

Polishがかからないのでオモテは同じ形状でありながら
厚み0の裏面ができました

.

.

.

.

そしたらポリグループがオモテとウラと厚みの3つのグループに分かれてるので
画面上の[Edit]から[Scale]にして[Ctrl]押しながらクリックで
裏面以外をマスクかけて

スクリーンショット 2014-12-01 19.22.23

.

.

正面から見て中央よりやや上、
上から見て真ん中の位置が中心になるように
アクションラインをひいてから動かして

(中央の◎の外側の◯をつかんで動かします)

スクリーンショット 2014-12-01 19.22.36

スクリーンショット 2014-12-01 19.22.45

スクリーンショット 2014-12-01 19.22.55

.

.

裏面を小さくします

.

スクリーンショット 2014-12-01 19.23.11

スクリーンショット 2014-12-01 19.23.43

.

.

ここらへん順番は違うけど前回と似たようなことやってますね

.

.

.

.

これでもう終わりでもいいんですが裏側のプリーツのポリゴンの交差を
なくしておきたい なんて時には
[SelectLasso]で裏面だけ表示して

スクリーンショット 2014-12-01 19.24.46

.

.

.

[Deformation][Polish]をかけてやります

スクリーンショット 2014-12-01 19.25.50

.

.

スクリーンショット 2014-12-01 19.29.41

.

.

.

んで隠してた部分を表示させたら

オモテの形状そのままで
裏側がちょっとなだらかになったスカートができました

.

スクリーンショット 2014-12-01 19.30.01

.

.

.

.

.

.

・・・なんだ、こんな簡単なことだったのか(;´∀`)

.

.

とりあえずこないだの記事のCurveBridgeを使った厚み付けも
アレはアレで考え方とかいい勉強には
なったと思うから無駄ではなかったんじゃないかな~と(;^ω^)

.

.

たぶんここらへんのことも
やってる人はやってるんじゃないでしょうかw

.

.

どれも原理としては一緒っちゃあ一緒なんですよね

.

.

Zbrushをいじりたての頃は厚みをつける方法が
何見ても分からなくて困ったりもしてましたが
こうしてみると選択肢がこんなにあるんだ~ってのがわかって
Zbrushもなかなか便利でいいですなぁ( ^ω^)

.

.

.

.

.

.

ここで実験台として使用してたセーラームーンのスカートですが

本体は先日無事に?完成させて神戸のTFに持って行くことができました

DSCF5623

出力:mffp

seramun

.

.

出力してからのアレコレはまた今度の機会に( ^ω^ )

.

.

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。